群馬大学医学部附属病院

医療の質・安全管理部
Medical Security and Safety Management Center

ホーム
スタッフ紹介
業務内容
医療安全管理指針
組織図
インシデント・アクシデント事例

●病院トップページへ戻る

患者さんとご家族の皆さんへ 
― 安全・納得・信頼の医療をめざして ―

医療の質・安全管理部長 永井 弥生

 群馬大学医学部附属病院の医療事故問題は、患者さんやご家族の信頼を大きく損なうものであり、多くの皆様にご心配、ご心労をおかけしていることを深くお詫びいたします。そして、特定機能病院の取り消しを始めとした行政上の処分や多くの方々からのご批判を重く受け止めています。
 医療安全では、エラーをしないためのリスクマネジメントが求められます。病院としてのシステムの整備や体制構築とともに、個人の意識を高めて安全文化を根付かせる必要があります。同時に、高度な医療を行うにあたっては、ゼロにはできないリスクをできる限り低減させる努力を払わなければなりません。そして、そのような医療は、患者さんに対して必要十分な説明のもとで行う必要があります。こういった体制が不十分であったことを深く反省し、これまで多くの改善を行ってまいりました。
 患者さんへの説明については、全診療科にて充実した文書を作成し、看護師の同席体制も充実させ、わかりにくいことがないか気軽に相談できるよう努めています。高度な治療を行うにあたって、より慎重に多くの医療者で相談、審議する体制とするなど、大幅に充実を図りました。医療安全に対する意識の高まりはインシデント報告数の増加にも現れており、小さなことでも、予想された合併症でも、なんでも報告してもらうことで、それを分析して再発防止に活かしています。医療安全管理部門でも、体制を整え、各部署との連携を密に、問題の早期発見や細やかな対応に努めています。
 失われた信頼を回復するには時間がかかるかもしれません。常に個々の患者さんにとっての最善の医療を考え、地域に信頼される大学病院としての責務を果たすよう、努力してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Copyright (C) 2010 群馬大学医学部附属病院
最終更新日 : 2016/8/10