群馬大学医学部附属病院

システム統合センター

ホーム
スタッフ
研究
教育
臨床業務
社会貢献
業績
沿革

●病院トップページへ戻る

センター紹介

当センターは,群馬大学医学部附属病院における医療業務および情報ネットワークを活用した病院情報システムの高度化・合理化・迅速化・標準化を図り、診療・教育・研究及び経営への支援を推進し、広く医学医療の発展・向上に貢献することを目的として2013年4月に医療情報部から改組されました。医療情報分野の標準化への対応、部門システム間の円滑な接続が可能となる連携をすすめ、医療の質向上・効率化・医療安全・医療情報の連携活用が可能で病院職員が使いやすい病院情報システム構築をめざして活動しています。

スタッフ

准教授(センター長)齋藤勇一郎 博士(医学)
准教授(副センター長)鳥飼幸太 博士(工学)
助教鈴木亮二 博士(障害科学)
助教高木理 博士(数学)
助教辻村真一 博士(工学)

研究

齋藤 遠隔医療、RFIDを用いた医療機器管理、高血圧と動脈硬化に関する研究
鳥飼 「システム統合」「標準化」「自動化」を中心とし、ハードウェアとソフトウェアの境界を統合するための研究、重粒子線・コンプトンカメラに関する開発・研究
鈴木 「ひと」と「もの」をつなぐ医療福祉工学者。看護師の業務改善を目的とした医療情報システム、在宅健康管理支援システムの研究
高木 知識モデル、医療情報サービス、知識共創支援システムに関する研究
辻村 人・機械・情報系を融合複合した人支援技術・システムの研究開発

教育

セキュリティー講習、採用時の病院情報システム研修、学生実習などを行っています。平成26年度からは、医療情報の共有が可能なシステムを利用したシームレスで密接な地域連携を築くため、医療情報に関する資格を有する人材育成を目的とした「診療情報共有化を実現する情報科学専門医療人育成事業」が開始となります。

臨床業務

(1) 病院システム及び各部門システムの企画及び研究・開発
(2) 病院・部門システムの統合、管理及び運用
(3) 病院・部門システムの教育・指導
(4) 医療情報の管理及び提供
(5) 情報通信技術を活用した地域連携医療を支援するシステムの企画及び研究・開発
(6) 情報通信、電力エネルギー等のインフラの整備及び強化に係る企画及び研究・開発
(7) 病院・部門システムの統合及び強化による診療,教育,研究及び経営への支援

社会貢献

講演会
齋藤 「ICTでつくる新しい医療」(2013年5月)、「医療情報最新の話題」(2013年7月)
鳥飼 「放射線と重粒子線治療」(2013年1月)
鈴木 「服薬支援装置を利用した見守り」(2013年6月)、「病院情報システム」(2013年12月)

学外での活動
齋藤 国立大学病院将来像実現化ワーキンググループ国際化プロジェクトチーム
鈴木 平成25年度群馬大学公開講座、医療通訳ボランティア育成講座 責任者
辻村 ランニング学会主催のアミノバリューランニングクラブのスタッフと して、健康増進を目的としたランニング指導・普及活動に従事 (2005-2010, 2013年)

業績

1. 訪問診療における遠隔診療の事象発生、移動時間、QOLに関する症例比較多施設前向き研究.郡隆之,酒巻哲夫,長谷川高志,岡田宏基,森田浩之,斎藤勇一郎,石塚達夫,辻正次,小笠原文雄,太田隆正.日本遠隔医療学会雑誌、9:110-113,2013.

2. Nakao T, Morita H, Maemura K, Amiya E, Inajima T, Saito Y, Watanabe M, Manabe I, Kurabayashi M, Nagai R, Komuro I. Melatonin ameliorates Angiotensin II-induced vascular endothelial damage via its antioxidative properties.  J Pineal Res. 55:287-293,2013.

3. 長谷川 高志, 郡 隆之, 斎藤 勇一郎, 酒巻 哲夫, 森田 浩之, 岡田 宏基, 柏木 賢治, 辻 正次, 石塚 達夫。訪問診療における遠隔医療の効果に関する多施設前向き研究.日本遠隔医療学会雑誌8:205-208,2012.

4. 斎藤 勇一郎,中村 哲也,倉林 正彦. 適切な降圧薬の組み合わせ−併用療法と合剤のこれから−. Medical Practice 28:858−862,2011.

5. Sakama M, Kanai T, Kase Y, Yusa K, Tashiro M, Torikai K, Shimada H, Yamada S, Ohno T, Nakano T. Design of ridge filters for spread-out Bragg peaks with Monte Carlo simulation in carbon ion therapy. Phys Med Biol. 57: 6615-33, 2012.

6. Oike T, Suzuki Y, Al-Jahdari W, Mobaraki A, Saitoh JI, Torikai K, Shirai K, Nakano T. Suppression of HIF-1α expression and radiation resistance in acute hypoxic conditions. Exp Ther Med. 3:141-145, 2012.

7. Yamaguchi M, Torikai K, Kawachi N, Shimada H, Satoh T, Nagao Y, Fujimaki S, Kokubun M, Watanabe S, Takahashi T, Arakawa K, Kamiya T, Nakano T. Beam range estimation by measuring bremsstrahlung. Phys Med Biol. 57:2843-56, 2012.

8. Ohno T, Kanai T, Yamada S, Yusa K, Tashiro M, Shimada H, Torikai K, Yoshida Y, Kitada Y, Katoh H, Ishii T, Nakano T. Carbon Ion Radiotherapy at the Gunma University Heavy Ion Medical Center: New Facility Set-up. Cancers (Basel). 3:4046-60, 2011.

9. 鈴木亮二,細野貴広,高田幸子,荻原京子,斎藤勇一郎:看護必要度一括入力システム導入効果に関する調査.医療情報学 33(Suppl):1174-1177,2013

10. 鈴木亮二,長谷川高志,鎌田弘之,小川晃子,小坂卓也,佐藤美喜子:在宅における見守りについての課題:日本遠隔医療学会雑誌 9:106-109,2013

11. Suzuki R, Takizawa K, Sakamaki T.Analysis of the arrangement of outpatient units for patients receiving multiple consultations at a university hospital, Studies Health Technology and Informatics 192: 955, 2013

12. 鈴木亮二,関田康慶:介護福祉士・看護師の医行為のICTによる遠隔指導の可能性に関する調査分析,日本遠隔医療学会雑誌 9:27-32,2013

13. 鈴木亮二,柿沼倫弘,関田康慶:介護支援専門員の介護保険外サービス情報入手に関する調査,医療情報学 32(Suppl):530-533,2012

14. 鈴木亮二.ITによる在宅見守りシステム普及に向けた社会連携ユニットの提言,日本遠隔医療学会雑誌 7:197-198,2011

15. SuzukiR, Meguro M, Meguro K. Sleep disturbance is associated with decreased daily activity and impaired nocturnal reduction of blood pressure in dementia patients, Archives of Gerontology and Geriatrics 53:323-327,2011.

16. Takaki O, Takeuti I, Takahashi K, Izumi N, Murata K, Ikeda M and Hasida K. Graphical Representation of Quality Indicators Based on Medical Service Ontology. SpringerPlus, 2:274, 2013.

17. Takaki O, Takeuti I, Izumi N, Hasida K. Workflows with Passbacks and Incremental Verification of Their Correctness. IEICE Transactions. 95: 989-1002, 2012.

18. Takaki O, Izumi N, Murata K, Mitsuru Ikeda, Koiti Hasida: Evaluation of a representation system of quality indicators. JCKBSE. 144-153, 2012.

19. Takaki O, Murata K, Izumi N, Hasida K. A Medical Information Retrieval based on Retrievers' Intentions. HEALTHINF. 596-603, 2011.

20. Tsujimura S and Sankai Y. Attachment Design of an Automatic Thrombus Monitoring System Using Multiple Optical Emitters and Detectors for an Extracorporeal Pulsatile Artificial Heart. Proc of The 15th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME 2013), 876-879, 2013.

21. 辻村真一,鍋倉賢治,河本浩明,山海嘉之.市民ランナーを対象としたWebベー スのトレーニング管理システムの有用性,ランニング学研究.24:11-19,2013.

22. Tsujimura S, Nabekura Y, Sankai Y. Development of a Web-based Training Management System to Assist Training for Citizen Runners. Proc of 2012 IEEE International Symposium on IT in Medicine & Education. 214-219. 2012

23. 辻村真一,杉浦敦,山岸丈人,筒井達夫,山海嘉之.人工心臓装着患者の状態を 非侵襲的かつ連続的にモニタリングするセンサユニットの開発.生体医工学.49: 939-945, 201.1

24. 辻村真一,鍋倉賢治,吉岡利貢,中村和照,宮本健太郎,藤本裕太,山海嘉之. 市民ランナーを対象としたWebベースのトレーニング管理システムの開発. ラン ニング学研究. 23: 41-47, 2011.

沿革

1986年 医療情報部の前身である医療業務電算化委員会が発足。
1988年 病院情報システム(GUNMAS)が稼働、各種オーダーシステムの電子化。
1997年 医療情報部が設置される。
2009年 電子カルテシステム稼働、紙カルテ廃止。
2013年 システム統合センターに改組

Copyright (C) 2014 群馬大学医学部附属病院
最終更新日 : 2014/5/19