Language
文字サイズ

がんゲノム医療をご希望の方へ

群馬大学医学部附属病院 > ご来院の方へ > 外来受診の方へ > がんゲノム医療をご希望の方へ > 【患者のみなさまへ】がんゲノム外来受診について

【患者のみなさまへ】がんゲノム外来受診について

1.当院のがんゲノム外来について

完全予約制となります。
がん遺伝子パネル検査を希望される患者さんは主治医にご相談ください。患者さんからの直接の予約は受け付けておりません。
当院では、がん組織を用いた検査を行う場合には、がん遺伝子パネル検査に先立ち病理組織事前診断を行っております。ご承知おきください。

2.対象となる患者さんについて
  • 標準治療が終了している固形がんの方
  • 標準治療が終了する見込みの固形がんの方
  • 標準治療がない固形がんの方(原発不明がん、希少がんなど)

上記のいずれかに当てはまる方で、全身状態および臓器機能等、検査施行後に薬物療法実施が可能と当院がんゲノム外来担当医が判断した方が対象となります。

3.がんゲノム外来受診の流れについて

※以下の画像をクリックするとPDFが開きます。

【当院に通院中の患者さん】

がんゲノム外来受診の流れ(院内)

【他院から紹介される患者さん】

がんゲノム外来受診の流れ(院外)

  • がんゲノム外来の受診は、ご家族と来院してください。一緒にお話を聞いていただきます。
4.病理組織事前診断料について

他院通院中の方は、病理組織ががん遺伝子パネル検査に使用できるかどうかの事前診断が原則的に必要となります。

  • 病理組織事前診断料 11,000円(税込み)/1回
    ※自由診療のため、全額自己負担となります。
  • 診断の結果、組織ががん遺伝子パネル検査に適していないと判断された場合でも同費用が発生いたします。
  • 後日、振込用紙を郵送いたします。
5.がん遺伝子パネル検査料について
  • がん遺伝子パネル検査料 検査提出時 440,000円 (3割負担の場合 132,000円)
  • がん遺伝子パネル評価提供料 結果報告時 120,000円 (3割負担の場合 36,000円)

この他に診察料、検査費用等が必要となります。また、高額療養費制度の対象となる場合もあります。

6.検査結果とそれに基づく治療について
  • 検査の結果、治療選択に役立つ遺伝子異常が見つからない場合もあります。
  • 遺伝子異常から推奨される薬物治療法にたどり着けるのは、10-20%程度です。

※健康保険で認められた治療薬が見つかれば、現在受診中の医療機関で治療を受けられます。それ以外の場合、国立がん研究センター中央病院などで行われている新薬開発のための治験、臨床試験(年齢などに条件があります)などを紹介します。

7.遺伝性腫瘍について

がん遺伝子パネル検査によって、偶然、遺伝性腫瘍の遺伝子異常が見つかることがあります。その場合、本人・ご家族のご要望により当院の遺伝子診療部を紹介し、臨床遺伝専門医から遺伝性腫瘍の詳細な説明やカウンセリングを受けることができます。

8.未来のがん患者さんのために

政府もがんゲノム医療を推進しています。患者さんのゲノム情報、臨床情報をがんゲノム情報管理センター(C-CAT)(URL:https://www.ncc.go.jp/jp/c_cat/)に集約し、日本人のがんのゲノム情報の特徴についての研究、日本人独自の医薬品の開発などに向けて利用されます。
※以下の画像をクリックすると拡大します。

がんゲノム医療推進コンソーシアム

※厚生労働省ホームページから引用

トップへ戻る