Language
文字サイズ

乳腺・内分泌外科

診療案内

診療内容・診療方針

乳腺・内分泌外科では乳癌をはじめとする乳腺疾患、甲状腺疾患、上皮小体(副甲状腺)疾患の診断・治療をしています。外来では、乳腺専門医・日本乳癌学会の認定医、および日本外科学会の指導医・専門医が責任を持って診察し、手術の必要な患者さんには外来で病状や治療法などについて説明しています。入院時には再度、主治医から治療法について説明し、安心して手術が受けられる体制を整えています。
乳腺・内分泌外科担当医は日本乳癌学会、日本内分泌外科学会に所属しており、学会出席と発表を責務としており、常に最新の医療水準を保てるよう努力しています。研究面でも患者さんに役立てるような治療法の開発に努めています。また、乳がん認定看護師などの乳腺専門の看護師を配置し、患者さん、ご家族の悩み相談にも応じています。

主な対象疾患

乳癌、甲状腺癌、甲状腺・副甲状腺疾患

得意とする分野

乳腺・内分泌外科は、現在の日本乳癌学会の前身となる乳癌研究会の時代から、学術集会の主催や乳癌取り扱い規約の刊行に関わるなど、日本の乳癌診療において中心的な役割を果たしてきています。研究面でも、乳癌の薬物感受性や予後因子の解析を中心に行っており、世界に通じる研究を推進しています。手術は乳房温存術だけでなく、形成外科と協力し、乳房再建を含めたオンコプラスティックサージャリーにも積極的に取り組んでいます。乳房再建は一次二期再建を基本としていますが、人工物、自家組織再建含め、幅広いニーズに対応しています。遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に対しても、遺伝子診療部、産科婦人科と連携して対応しています。乳がん認定看護師による乳腺看護専門外来を配置し、患者さん、ご家族の悩み相談にも応じています。甲状腺手術も増加しており、甲状腺癌に対する手術を行っており、内分泌糖尿病内科、呼吸器外科、核医学科、放射線科と協力して集学的治療を行っています。また、内分泌糖尿病内科と連携をとり、副甲状腺機能亢進症や甲状腺機能亢進症の手術も行なっています。

主な疾患の診療実績
代表的疾患の年間患者数(2019年)
疾患名 患者数
乳癌 242
 乳房全切除術, 乳頭温存乳房全切除術 136
 乳房部分切除術 106
乳房一次再建 13
その他(良性含む) 18
甲状腺癌 39
甲状腺腺腫,バセドウ病 34
副甲状腺疾患 10
その他 2
合計 345

*乳房一次再建は乳癌に含まれる

専門外来・特殊外来
代表的疾患について

<乳がん>
乳癌は女性の癌において増加の一途をたどっており、1990年代半ばより部位別罹患率は第1位となっています。乳がんの治療には手術療法、放射線療法、内分泌療法、化学療法などがありますが、病気の進行程度や広がり具合に応じて各治療法を組み合わせて治癒向上に努めています。乳腺から発生した癌(原発乳癌)の診断の場合、乳癌は全身に広がる(転移する)可能性があり、転移をきたすと根治が困難な状況、生命に関わる危険がある病気です。手術の目的は、乳癌病巣を外科的に切除し、全身へあらたに転移することを阻止することです。標準術式には乳房全切除術と、乳房部分切除術があります。どちらの手術でも生存率には差はありませんが、乳房温存療法では、術後放射線療法を追加します。術式の選択は、乳房内の腫瘤の大きさ、周囲への広がり、多発する病変の有無、乳管内の広がりの程度、温存した場合の残存乳房の整容性、手術後の放射線療法が可能かどうか、患者さんの希望などを総合して検討します。乳房全切除を施行する場合は、乳頭と乳房皮膚を温存する乳頭温存乳房全切除術や、形成外科と連携し、自家組織(自分の筋肉や脂肪など)や人工物を用いた乳房再建もおこなっています。

<良性乳腺腫瘍>
乳腺疾患には、乳がんとまぎらわしい良性のものがあります。乳腺症、線維腺腫や葉状腫瘍では乳がんと同じように硬いしこりをつくることがあります。視診・触診、マンモグラフィ検査、超音波検査などでも乳がんと鑑別がつかない場合には、しこりを針生検(細い針で組織の一部を取る)して、確定診断をつけます。乳腺症や線維腺腫と診断されれば、それ以上の治療は必要ありませんが、葉状腫瘍の場合には急速に増大したり、一部に悪性に変化するものが含まれるため、 手術による摘出が必要になります。腫瘤が小さい場合には外来での手術が可能です。
<甲状腺がん>
甲状腺は前頚部にある臓器で、甲状腺ホルモン(体の代謝を調節している)を産生しています。甲状腺がんは甲状腺にしこりができることにより発見されることが多いです。また、甲状腺の近くには声を出す筋肉を調節する神経が通っているので、声がかすれるという症状で発見されることもあります。甲状腺がんの約90%が乳頭がんという予後の良いがんなので、手術によりほとんどの患者さんが治癒することができます。また局所進行がんの場合でも、呼吸器外科、核医学科、放射線科と協力して集学的治療を行います。

<バセドウ病>
バセドウ病は、甲状腺が腫れて甲状腺のホルモンが過剰につくられ、甲状腺機能が亢進する病気です。甲状腺に対して攻撃してしまう抗体をつくってしまう、自己免疫性疾患のひとつですが、原因はよくわかっていません。甲状腺のホルモンが過剰につくられることにより、さまざまな症状が引き起こされます。甲状腺の腫大、頻脈、動悸、多汗、体重減少、疲労感、振戦(手のふるえ)、息切れなどがおき、甲状腺以外の症状では眼球突出などがみられることがあります。血液検査で甲状腺機能を調べて診断します。バセドウ病の治療方法は、1)手術、2)内服による内科的治療、3)放射性ヨード内用療法があります。バセドウ病治療の第一選択は抗甲状腺薬による内服治療です。手術による治療は以前より減少してきていますが、内服の副作用がある、内服薬で改善しない、妊娠挙児希望がある、腫瘍が併存するなどのような状態であれば手術も適応となります。手術の適応については担当医とよく相談して決定します。内科と外科の専門医が治療法の相談に応じます。

<上皮小体(副甲状腺)機能亢進症>
副甲状腺ホルモンは骨よりカルシウムを血液中に溶かし、血液中のカルシウム濃度を一定に調整する働きがあります。副甲状腺機能亢進症は、血液中のカルシウムが高いにもかかわらず、副甲状腺ホルモンが必要以上につくられている状態です。そのため、骨中のカルシウムが減少して骨粗鬆症を生じたり、尿路結石、消化性潰瘍、膵炎などをひきおこすことがあります。また、易疲労、抑うつ、筋力低下などがみられることがあります。原発性と続発性の2種類の病態があります。原発性は上皮小体にできた腺腫、がんなどの腫瘍や過形成により上皮小体から分泌されるホルモンが過剰に分泌された状態です。副甲状腺は通常4腺ありますが、そのうち1つだけ腫大し、副甲状腺ホルモン(PTH)を産生する腺腫であることが多く(80-90%)、すべての副甲状腺がPTH を産生する過形成が10-15%、副甲状腺癌が1-2%の頻度です。続発性は主に慢性腎不全の方が罹患します。薬で改善しない場合、薬が副作用で内服できない場合などが手術適応となります。副甲状腺機能亢進症に対してはナビゲーション手術も行っています。

医師紹介

氏名 職名 資格
藤井 孝明
FUJII
Takaaki
診療科長
(診療教授)

日本外科学会 専門医、指導医
FACS(米国外科学会フェロー)
日本乳癌学会 認定医、専門医、指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波読影認定医
乳房再建責任医師

矢島 玲奈
YAJIMA
Reina
助 教

日本外科学会 専門医
日本乳癌学会認定医、専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波読影認定医
乳房再建責任医師

尾林 紗弥香
OBAYASHI
Sayaka
助 教

日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 認定医、専門医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波読影認定医
乳房再建責任医師

荻野 美里
OGINO
Misato
助 教

日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 認定医
内分泌外科 専門医
甲状腺学会認定 専門医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波読影認定医

中澤 祐子
NAKAZAWA
Yuko
助 教

日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 認定医
内分泌外科 専門医
甲状腺学会 認定専門医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波読影認定医
乳房再建実施医師

本田 周子
HONDA
Chikako
医 員
菊地 麻美
KIKUCHI
Mami
講 師
(医療人能力開発センター )

日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医

外来診療予定表

初診受付: 午前8時30分~10時30分まで(紹介状をお持ちください)
ご不明な点は外科外来(TEL 027-220-8248, 8229 外来診療棟3階)までお問い合わせください。

外科外来
027-220-8248,8229
専門外来
初診
初診 専門外来
初診
急患のみ 急患のみ
専門外来 専門外来

関連リンク

トップへ戻る