Language
文字サイズ

感染制御部

ご案内

概要

平成15年4月に正式発足しました。「感染症にならない・広げない」ための対策実務と、関連する教育や研究、広報活動を院内各部署と協力しながら行っています。

業務内容
1.感染制御チーム(ICT)

病院内での感染予防策や環境整備、廃棄物処理の状況などを確認し、改善策を提案しています。

2.抗菌薬適正使用支援チーム(AST)

薬剤耐性(AMR)対策の視点を取り入れながら、主治医に対して適切な抗菌薬を提案しています。

3.感染対策委員会及び対策担当者会議

病院感染防止対策マニュアルや院内フローの整備と周知を定期的に行っています。

4.第一種感染症病床の運営

一類感染症(エボラ出血熱など)に対応可能な県内唯一の医療機関であり、職員への定期的な防護服の着脱訓練や、患者受け入れシミュレーションを行っています。

5.職業感染対策業務

研修医や学生を含む全医療従事者のウイルス抗体価やワクチン接種状況を確認します。針刺しなどの血液・体液汚染にも24時間対応可能となっています。

ワクチン接種・感染状況報告書はコチラ(①新規入職時②実習・研修等

6.教育・研修・地域連携

院内外の学生・医療従事者に対する感染対策の相互チェックや支援、情報共有を定期的に行っています。

7.国公立大学附属病院感染対策協議会

当院の感染対策が全国の他大学と比較してどの位置にあるかを確認し、目標設定に役立てています。

8.COVID-19対応

院内全診療科の協力のもと、集中治療を要する重症例を含めた入院治療を提供しています。また県内でクラスターが発生した場合には、県の依頼による専門家の派遣(C-MAT)を行っています。さらに院内感染を防ぐため、かかりつけ患者さんや職員への指導・助言・健康観察も行っています。

特色

検査部門との連携により、検査結果を感染対策に速やかに活用する体制をとっています。個々の患者さんのみならず、医療従事者や一般市民を感染症から守るために、「感染症にならない・広げない」ための基本的な知識や技術を多職種チームの視点で提供しています。

スタッフ

氏名 役職 職種 保有資格 等
徳江 豊
TOKUE
Yutaka
部長・診療教授
(専従)
医師 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、
日本内科学会認定内科医・ICD、
臨床研修指導医
大嶋 圭子
OSHIMA
Keiko
副部長・看護師長
(専従)
看護師 日本看護協会感染管理認定看護師、
日本結核・非結核性抗酸菌症学会結核・抗酸菌症エキスパート
柳澤 邦雄
YANAGISAWA
Kunio
副部長・助教
(専任)
医師 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、
日本感染症学会専門医・指導医・ICD、
日本エイズ学会認定医・指導医、
日本血液学会専門医・指導医、
臨床研修指導医
加藤 寿光
KATO
Toshimitsu
医会長・助教
(兼任)
医師 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、
日本循環器学会循環器専門医、
日本超音波医学会超音波専門医、
日本心エコー図学会専門医・SHD心エコー図認証医、
日本周術期経食道心エコー図認定(JB-POT)、
臨床研修指導医
山田 まり子
YAMADA
Mariko
副看護師長
(兼任)
看護師 日本看護協会感染管理認定看護師
須田 崇文
SUDA
Takafumi
(専従) 看護師 日本看護協会感染管理認定看護師
岩本 佐幸
IWAMOTO
Sayuki
(専従) 看護師
平尾 和明
HIRAO
Kazuaki
薬剤主任
(兼任)
薬剤師
兒玉 知子
KODAMA
Tomoko
(専従) 薬剤師 ICD
高橋 美紀
TAKAHASHI
Miki
副臨床検査技師長
(専任)
臨床検査技師 日本臨床微生物学会感染制御認定臨床微生物検査技師、
認定臨床微生物検査技師制度協議会認定臨床微生物検査技師
寺内 容子
TERAUCHI
Yoko
事務補佐員

トップへ戻る