Language
文字サイズ

当院の取り組み

患者とのカルテ共有

自らの病気や検査、治療内容について理解することは患者参加型医療の基本となります。

カルテの共有

当院は、診療記録(カルテ)を医療者と患者さんが共有できるシステムを開発し、入院患者さんが診療記録を閲覧できるようにしました。

診療記録は、医師が記録するいわゆるカルテの他に、看護記録やCTやMRIなどの検査の画像、血液や尿 検査の結果などを含んでいます。

検査結果の配布

患者さんに検査結果を説明するだけでなく、検査結果を印刷し、患者さんにお渡しすることを推進しています。外来の全診療科で配布しています。(2018年2月に配布状況調査実施)

トップへ戻る