Language
文字サイズ

お知らせ

群馬大学医学部附属病院 > お知らせ一覧 > お知らせ > 高地トレーニングにおけるアスリートの運動ストレスを唾液で評価
~唾液を用いたコルチゾールの自動測定方法の確立~

高地トレーニングにおけるアスリートの運動ストレスを唾液で評価
~唾液を用いたコルチゾールの自動測定方法の確立~

このたび、医学部附属病院検査部の常川勝彦講師、村上正巳教授らは、アスリートの高地トレーニングでの運動ストレスを唾液コルチゾールの自動測定により検出する新たな方法を確立しましたので、お知らせします。

本研究で用いた方法は、医療スタッフのいない運動環境でも簡便に検体の採取ができることから、今後様々な競技への応用が期待されます。また、既存の血液用の検査試薬や機器を用いて検体を測定できることから、多くの医療施設でも実用化することが可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
 
<広報に関する問い合わせ先>
 国立大学法人群馬大学
 昭和地区事務部総務課法規・広報係
 〒371-8511 前橋市昭和町三丁目39番22号
 TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
 E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp
 

トップへ戻る