Language
文字サイズ

お知らせ

群馬大学医学部附属病院 > お知らせ一覧 > お知らせ > プロボクサーの脳における運動回路が試合前に増強されることをMRIで確認
–試合前の減量トレーニングに科学的根拠を提供–

プロボクサーの脳における運動回路が試合前に増強されることをMRIで確認
–試合前の減量トレーニングに科学的根拠を提供–

このたび、医学部附属病院麻酔科蘇生科の荻野 祐一らは、帝京大学・自然科学研究機構生理学研究所・東京大学との共同研究により、プロボクサーの脳内の運動回路が、試合一ヶ月前から試合直前にかけて構造的に増強する事をMRI(磁気共鳴画像)で確認しましたので、お知らせします。

今回の研究結果は、試合前減量トレーニングの意義に初めて客観的な科学的根拠(エビデンス)を提供するものになります。

本研究は、科研費(19K09368、JP16H06280)及びABiS(先端バイオイメージング支援プラットフォーム)の支援により実施されました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
 
<広報に関する問い合わせ先>
 国立大学法人群馬大学
 昭和地区事務部総務課広報係
 〒371-8511 前橋市昭和町三丁目39番22号
 TEL: 027-220-7895, FAX: 027-220-7720
 E-mail: m-koho@jimu.gunma-u.ac.jp
 

トップへ戻る